国際農林水産業研究センター法 – e

国際農林水産業研究センター(jircas)は農林水産省所管の国立研究開発法人として日本の農林水産業研究分野での国際貢献と連携の中核的な役割を担っています。

苗運びは私たちの楽しい仕事よ · 私を撮って · 国別一覧 · インドネシアの棚田

)の定めるところにより設立される通則法第二条第一項に規定する独立行政法人の名称は、独立行政法人国際農林水産業研究センターとする。 (センターの目的) 第三条 独立行政法人国際農林水産業研究センター(以下「センター」という。

独立行政法人国際農林水産業研究センター(以下「センター」という。)は、熱帯又は亜熱帯に属する地域その他開発途上にある海外の地域における農林水産業に関する技術上の試験及び研究等を行うことにより、これらの地域における農林水産業に関する技術の向上に寄与することを目的と

国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(こくさいのうりんすいさんぎょうけんきゅうセンター、jircas)は、農林水産省所管の国立研究開発法人。 茨城県 つくば市 大わしの本所および沖縄県 石垣市の熱帯・島嶼研究拠点からなる。 2008年、解体され

国際農業研究叢書; 国際農林水産業研究成果情報. 研究成果情報一覧; Research Highlights; マニュアル・ガイドライン; 緑資源機構マニュアル; 国別一覧; 電子化に伴う著作権委譲に関するお願い; データベース・ツール. 中国東北部大豆遺伝資源データベース

国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター(jircas)は、平成5(1993)年に農林水産省熱帯農業研究センター(tarc)を改組して設置された農林水産省国際農林水産業研究センターを母体に、平成13(2001)年4月に独立行政法人 国際農林水産業研究センターとして設立、平成27年(2015)年4月より国立研究

行う。国際共同研究に係るセンターと海外機関等との有効な研究実施取決(MO U)等を中期目標期間中において常に80件以上維持する。 ⑤ 国際農林水産業研究の振興に寄与するため、行政と連携し、開発

国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(こくさいのうりんすいさんぎょうけんきゅうセンター、jircas)は、農林水産省所管の国立研究開発法人。 茨城県 つくば市 大わしの本所および沖縄県 石垣市の熱帯・島嶼研究拠点からなる。 2008年、解体され

公募番号 業務内容・研究領域 採用時期 応募締切 採用予定人数 ; 104: 植物の栽培および解析、試薬・培地の調製、実験器具洗浄、パソコンへの入力作業などの植物や微生物を用いた実験の補助的業務

農林水産分野の国際研究を取り巻く最近の国内外の環境の変容に対応しうる今後の国際農林水産業研究に係る施策の方向性を示すため、農林水産技術会議で討議し策定しました。 2012年9月「国際的に通用する農林水産研究者の育成に関する基本方針(pdf : 237kb)」

過去5年間の国際農林水産業研究センターの代表研究費ランキングを掲載しています。 ※ 統計データ を利用してランキングを生成しています。 詳しくは [ 統計データについて] をご覧ください。

第三条 独立行政法人国際農林水産業研究センター(以下「センター」という。 )は、熱帯又は亜熱帯に属する地域その他開発途上にある海外の地域における農林水産業に関する技術上の試験及び研究等を行うことにより、これらの地域における農林水産業に関する技術の向上に寄与することを

国立研究開発法人水産研究・教育機構(すいさんけんきゅうきょういくきこう)は水産庁所管の国立研究開発法人で、水産業に関する技術向上を目的とし、そのための試験、研究、教育などを行っている。 根拠法は、独立行政法人通則法および国立研究開発法人水産研究・教育機構法(平成11年

村田 善則 (国立研究開発法人国際農林水産業研究センター 生物資源・利用領域 主任研究員) 中原 和彦 (国立研究開発法人国際農林水産業研究センター 生物資源・利用領域 副プロジェクトリーダー)

[PDF]

農林省熱帯農業研究センター → 昭53.7 農林水産省熱帯農業研究セン ター → 平5.10農林水産省国際農林水産業研究センター → 平13.4独立行政法人国際農林水産業研究センター (※1) 平. 15.10. 独立行政法人緑資源機構 一部業務承継 (※1)平. 20.4

[PDF]

独立行政法人国際農林水産業研究センター法 平成十一年十二月二十二日法律第百九十七号 最終改正:平成一八年三月三一日法律第二六号 第一章 総則(第一条―第五条) 第二章 役員及び職員(第六条―第十条) 第三章 業務等(第十一条・第十二条)

[PDF]

様式2-1-4-2 国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター 年度評価 項目別評定調書(研究開発の成果の最大化その他の業務の質の向上に関する事項)様式

国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター | jircas . jp; en; お問い合わせ 障害者優先調達推進法に基づく公表 国際農林水産業研究成果情報

国際農林水産業研究センターに関する統計データ、プレスリリース、研究課題、研究者の一覧

[PDF]

独立行政法人国際農林水産業研究センターは、国際的な食料需給の安定や地球規模の 環境問題への対応のため、食料・農林水産業・環境分野への国際研究協力を、業務運営 全般の効率化を進めつつ行うことが求められている。

[PDF]

法人名 国立研究開発法人国際農林水産業研究センター 評価対象中長期 目標期間 見込評価 第3期中期目標期間(最終年度の実績見込を含む。) 中長期目標期間 平成23~27年度 2.評価の実施者に関する事項 主務大臣 農林水産大臣

「所属[国立研究開発法人国際農林水産業研究センター]」というキーワードの一覧です。

国際農林水産業研究センター 国際農林水産業研究センターの概要 独立行政法人国際農林水産業研究センター本所概要所在:茨城県つくば市大わし1番地1(本所)理事長:岩永 勝理事:小山 修熱帯・島嶼研究拠点:沖縄県石垣市字真栄里川良原1091番地1外部リンク国際農林水産

日本大百科全書(ニッポニカ) – 国際農林水産業研究センターの用語解説 – 熱帯・亜熱帯地域や開発途上地域における農林水産業の研究を行う農林水産省所管の国立研究開発法人(独立行政法人)。英語名はJapan International Research Center for Agricultural Sciences、略称はJIRCAS(ジルカス)。

[PDF]

国際農林水産業研究センター(JIRCAS:Japan International Research Center for Agricultural Sciences)は、 平成5年10月1日、熱帯農業研究センター(TARC:Tropical Agricultural Research Center 、1970年設立)を 改組し、新たに農林水産省の29試験研究機関の一つとして発足しました。

[PDF]

農林水産省令で定める業務運営に関する事項等」の総てについて中期目標を十 分達成したと判断し、Aと評価した。 【総合所見】 独立行政法人国際農林水産業研究センターは、国際的な食料需給の安定や地

国立研究開発法人国際農林水産業研究センター法: データベースに未反映の改正がある場合があります。 最終更新日以降の改正有無については、上記「日本法令索引」のリンクから改正履歴をご確認ください。

安藤象太郎 (国立研究開発法人国際農林水産業研究センター 熱帯・島嶼研究拠点 プロジェクトリーダー) 伊敷弘俊 (国立研究開発法人国際農林水産業研究センター 熱帯・島嶼研究拠点 広報担当)

[PDF]

36 畜産の研究第64巻第1号 (201 0年) 1 .国際農林水産業研究 センターの沿革と現状 国際農林水産業研究センター(jircas) の前身 である熱帯農業研究センター(tarc) は1970年に 農林省の研究機関として研究職43 名の規模で設置 された。

(独)国際農林水産業研究センター. 中期目標(平成18年3月1日制定、平成20年4月1日変更) (pdf:232kb) 中期計画(平成18年3月31日制定認可、平成20年4月1日最終変更認可) (pdf:365kb)

国立研究開発法人国際農林水産業研究センター法: データベースに未反映の改正がある場合があります。 最終更新日以降の改正有無については、上記「日本法令索引」のリンクから改正履歴をご確認ください。

渡辺 守 (国立研究開発法人国際農林水産業研究センター 農村開発領域 主任研究員) 羽佐田勝美 (国立研究開発法人国際農林水産業研究センター 農村開発領域 主任研究員) 石堂憲二 (国立研究開発法人国際農林水産業研究センター 農村開発領域 主任研究員)

(独)農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)、(独)農業生物資源研究所(生物研)、 (独)国際農林水産業研究センター(jircas)の3法人では、平成25年12月から一斉に実施した内部調査の結果、研究用に海外から輸入した種子等において、植物防疫法に基づく輸入時の検査を受けずに種子を輸入した

[PDF]

独立行政法人国際農林水産業研究センター中期目標 制定:平成18年3月1日農林水産省指令17農会第1484号 変更:平成20年4月1日農林水産省指令19農会第1201号 独立行政法人国際農林水産業研究センター(以下「センター」という)は、平成5年。

国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(こくさいのうりんすいさんぎょうけんきゅうセンター、jircas)は、農林水産省所管の国立研究開発法人。 茨城県 つくば市 大わしの本所および沖縄県 石垣市の熱帯・島嶼研究拠点からなる。 2008年、解体され

[PDF]

国際農林水産業研究センター(jircas) ①開発途上地域の農林水産業の動向を解析し、世界の食料需給の安定化に資する情報・研究戦略の提供 ②開発途上地域の厳しい栽培環境下での安定的生産技術を開発し、農林水産業の持続的発展に貢献

[PDF]

36 畜産の研究第64巻第1号 (201 0年) 1 .国際農林水産業研究 センターの沿革と現状 国際農林水産業研究センター(jircas) の前身 である熱帯農業研究センター(tarc) は1970年に 農林省の研究機関として研究職43 名の規模で設置 された。

[PDF]

国立研究開発法人建築研究所法(平成十一年法律第二百六号) センター国立研究開発法人国際農林水産業研究 九十七号)国立研究開発法人国際農林水産業研究センター法(平成十一年法律第百 国立研究開発法人国立環境研究所

(独)国際農林水産業研究センター. 中期目標(平成18年3月1日制定、平成20年4月1日変更) (pdf:232kb) 中期計画(平成18年3月31日制定認可、平成20年4月1日最終変更認可) (pdf:365kb)

代表研究費ランキング 2018年度の国際農林水産業研究センターの代表研究費ランキングを掲載しています。 ※ 統計データ を利用してランキングを生成しています。 詳しくは [ 統計データについて] をご覧く

国際農林水産業研究センター. by user. on 28 марта 2017. Category: Documents >> Downloads: 0 1. views. Report. Comments. Description. Download 国際農林水産業研究センター. Transcript. 国際農林水産業研究センター

(国立研究開発法人国際農林水産業研究センター 社会科学領域 主任研究員) 草野栄一 (国立研究開発法人国際農林水産業研究センター 社会科学領域 主任研究員) 村岡里恵 ( 任期付研究員)

農林水産政策研究所(のうりんすいさんせいさくけんきゅうじょ、英語: Policy Research Institute,Ministry of Agriculture,Forestry and Fisheries 、PRIMAFF)は、農林水産政策に関する総合的な調査及び研究を行なう研究所である。 略称は政策研

「所属[独立行政法人国際農林水産業研究センター]」というキーワードの一覧です。 所属[独立行政法人国際農林水産業研究センター] – researchmap このブラウザは、JavaScript が無効になっています。

独立行政法人農林水産消費安全技術センター(のうりんすいさんしょうひあんぜんぎじゅつセンター、英語表記:Food and Agricultural Materials Inspection Center、略称:FAMIC)は、日本の農林水産省所管の独立行政法人である。. 概要. 農林水産消費技術センター、肥飼料検査所及び農薬検査所が合併し

2014年度から2018年度までの日本の研究.comで掲載している研究課題データを独自のアルゴリズムで集計し、グラフィカルに表示しています。

農林水産省傘下の試験研究機関に由来する独立行政法人は、当法人以外に、国際農林水産業研究センターがあり、他に林野庁所管の森林研究・整備機構、水産庁所管の水産研究・教育機構がある。

国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(こくさいのうりんすいさんぎょうけんきゅうセンター、jircas)は、農林水産省所管の国立研究開発法人。 茨城県 つくば市 大わしの本所および沖縄県 石垣市の熱帯・島嶼研究拠点からなる。 2008年、解体され

農林水産省国際農林水産業研究センター 2006.3 国際農業研究情報 / 農林水産省国際農林水産業研究センター[編] No.48. 所蔵館9館. 6. マレーシアMuda灌漑地域の水稲直播栽培法の確立に関する研究.

[PDF]

平成13.4独立行政法人 国際農林水産業研究センター 平成20.4 独立行政法人 国際農林水産業研究センター. 平成15.10 独立行政法人 緑資源機構 一部業務承継. 中期目標期間 第1期 平成13年4月~18年3月 第2期 平成18年4月~23年3月(20年見直し)

[PDF]

農林水産業に関する色々な仕事を経験したい! 農林水産関係の調査・研究をやりたい! 国際的な仕事をしたい! などなど 私たち、農林水産消費安全技術センター(略称:FAMIC)は農林水産省

国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(こくさいのうりんすいさんぎょうけんきゅうセンター、jircas)は、農林水産省所管の国立研究開発法人。 茨城県 つくば市 大わしの本所および沖縄県 石垣市の熱帯・島嶼研究拠点からなる。 2008年、解体され

国立研究開発法人国際農林水産業研究センター(こくさいのうりんすいさんぎょうけんきゅうセンター、jircas)は、農林水産省所管の国立研究開発法人。 茨城県つくば市大わしの本所および沖縄県石垣市の熱帯・ (国際農林水産業研究センターの地図) [住所]茨城県つくば市大わし [ジャンル

[PDF]

g 国立研究開発法人農業生物資源研究所 茨城県つくば市観音台2-1-2 h 国立研究開発法人農業環境技術研究所 茨城県つくば市観音台3-1-3 i 国立研究開発法人国際農林水産業研究センター 茨城県つくば市大わし1-1 (3)確保されるべき対象業務の質

国立研究開発法人 国際農林水産業研究センターのハローワーク求人情報(08040-11885591)土壌分析および肥料分析に関する研究補助業務。アフリカ産の低品位リン鉱石の利用拡大に向けて、酸添加や強

発表日:2017年2月10日 ―日本の農林水産業の課題解決および国際農林水産業研究の推進に向けた調査を実施― ロシアをはじめ欧州における農林水産

「所属[国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター]」というキーワードの一覧です。

国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター. 305-8686 茨城県つくば市大わし1-1. tel:029-838-6341 fax:029-838-6656.

[PDF]

うことにより、これらの地域における農林水産業に関する技術の向上に寄与することを目的とする。 主要業務. 1 熱帯又は亜熱帯に属する地域その他開発途上にある海外の地域における農林水産業に関する技術上の試験及び研究、調 査、分析、鑑定並びに

[PDF]

目標-jircas -1 独立行政法人通則法(平成11年法律第103号)第29条第1項の規定に基づき、独立行政法 人国際農林水産業研究センターが達成すべき業務運営に関する目標(以下、中期目標)を