日本国際問題研究所 – 公益財団法人日本国際問題研究所

本研究所は、国際問題の調査研究を行い、わが国の外交を科学的に研究し、その政策の企画に建設的構想を提供するとともに、国際問題に関する知識の普及および情報の頒布を計り、全国の大学及び研究団体における国際問題の研究を奨励し、わが国にとって望ましい国際世論の形成に貢献し

特別連続企画 「2012年米大統領選挙を読む」第3弾 「米国政治・経済の展望」 講演:

サマリー

日本国際問題研究所は、設立以来五十余年に亘り、日本の外交・安全保障に関する調査・研究及び政策提言を通じて、日本内外の政策立案、研究者やメディアをはじめとした専門家や有識者が広く参照し得るアイディアや情報分析を提示して参りました。

JIIA -日本国際問題研究所- – アクセス(所在地・地図)
JIIA -日本国際問題研究所-研究活動

その他の検索結果を表示
概要

日本国際問題研究所の既公開著作物のリポジトリ公開について 国問研は昨年より,国問研が主体となって出版・公開した学術出版物のリポジトリーへの電子公開に向けて準備を進めてきました.つきましては,国問研のホームページ上に掲載された自らの記事について,電子公開は差し支える

【会議報告】(2019年1月22日開催 於・日本国際問題研究所)「Common but Differentiated Nuclear Responsibilities – Perspectives from Tokyo」 (「「核を巡る責任」(Nuclear Responsibility)についての議論」英国シンクタンクとの共同ラウンドテーブル :英ICCS、BASICによる会議報告書)

日本国際問題研究所に関する記事一覧ページ です。

櫻井よしこが理事長を務めるシンクタンクです。日本国家が直面する基本問題を見詰め直そうとの見地から、公益財団法人 国家基本問題研究所(国基研・jinf)を設立いたしました。

戦略国際問題研究所(せんりゃくこくさいもんだいけんきゅうじょ、英語: Center for Strategic and International Studies, CSIS)は、アメリカ合衆国のワシントンD.C.に本部を置く民間のシンクタンク。

日本国際問題研究所(jiia)-ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院ライシャワー東アジア研究所(sais)-カナダアジア太平洋財団(apf) 共催 ・第3回日米カナダ会議-2012年5月7-8日開催 (2012-08-13)

2014年「世界有力シンクタンク評価報告書」

ポストtppにおけるアジア太平洋の経済秩序の新展開 : 平成28年度外務省外交・安全保障調査研究事業. 日本国際問題研究所[編]

当たり前のことですがジャパンハンドラーと日本の政財界は繋がっている 米戦略国際問題研究所(CSIS)とは~ 浮世風呂さんより以下引用です 日本人には知らせてはいけないリンク ①米戦略国際問題研究所(CSIS) リンク

# 日本国際問題研究所 軍縮・科学技術センターでは、12月18日、河野勉国連軍縮局上級政務官をお招きし、研究会「国連総会第一委員会(軍縮・国際安全保障)及び中東非大量破壊兵器地帯設立の動向」を開催しました。

3/5(2)

日本国際問題研究所 軍縮・不拡散促進センター 主任研究員 連絡先:住所 [email protected] 連絡先:電話番号 03-3503-7558 研究分野 軍備管理・不拡散問題、ミサイル防衛問題、核戦略・抑止論などを中心とする安全保障問題 出身大学院・研究科等

国際国家日本の選択―ハーバード大学国際問題研究所日米関係プログラム報告 日本開発銀行米国研究会 、 ハーバード大学国際問題研究所 | 1986/1/1 単行本

All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License. この記事は、ウィキペディアの日本国際問題研究所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free

日本国際問題研究所 は、3年先、2009年の12月に、発足50周年の節目を迎えると伺いました。1959年にできたということでありますが、ちょうど私など、大学の1年坊主だった頃です。なにぶん遊ぶのに多忙を極めておりました

The latest Tweets from 日本国際問題研究所(JIIA) (@JIIA_jpn). 日本国際問題研究所. 東京 千代田区 霞が関

フォロワー数: 570

同時に、国際情勢の大変化に対応するため、社会の各分野で機能不完全に陥りつつある日本を再生していきたいと思います。 そこで国家が直面する基本問題を見詰め直そうとの見地から、国家基本問題研究所(国基研・jinf)を設立いたしました。

米戦略国際問題研究所 でアジア太平洋政策を統括するシュライバー国防次官補は28日、米戦略国際問題研究所で講演し、韓国が日本

これは、外交問題評議会(cfr)の下部組織で、実質的な対日工作機関である米国戦略国際問題研究所(csis)の「復興に向けた日米パートナーシップ」の一環で、すでに3.11前から日本のtpp参加を前提に進められていた東北・医療特区構想の端緒となる会議です。

溝端 佐登史 、 日本国際問題研究所 | 2013/4/1. 単行本 ¥2,970 ¥ 2,970. suumo住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円off

公益財団法人日本国際問題研究所への転職を検討するなら【転職会議】。社員・元社員の口コミ(全1件)から、公益財団法人日本国際問題研究所の年収・給与制度や社風、面接事例などをリサーチできます。募集中の求人情報の他、業界ランキング・評点チャートも充実!

3.2/5(1)

昨今、慰安婦問題に加えて、徴用工訴訟問題をきっかけに日韓関係は以前にも増して厳しい状況に置かれているが、ここでは慰安婦問題を、歴史認識の問題として、あるいは価値の問題として考察してみたい

[PDF]

同 佐藤行雄前日本国際問題研究所理事長 理事長兼所長(代表理事) 野上義二 専務理事兼事務局長 遠藤 寛 (業務執行理事) 公益財団法人日本国際問題研究所の概要 当研究所が政府と緊密に 問題意識を共有しつつテーマ選定 国がテーマ 選定 88.6% 11.4% 民間

国立社会保障・人口問題研究所. サイトご利用にあたって 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル6f

中東諸国におけるイスラームと民主主義 : ハマース2006年立法評議会選挙綱領を中心に. 日本国際問題研究所 2006.3. 所蔵館1館

戦略国際問題研究所(せんりゃくこくさいもんだいけんきゅうじょ、英語: Center for Strategic and International Studies, CSIS )は、アメリカ合衆国のワシントンD.C.に本部を置く民間のシンクタンク。 1962年にジョージタウン大学が設けた戦略国際問題研究所(CSIS)が、後に学外組織として発展したも

委員長:戸崎洋史(日本国際問題研究所) 一政祐行(防衛研究所) 向和歌奈(亜細亜大学) 編集委員会: 委員長:阿部達也(青山学院大学) 足立研幾(立命館大学) 池上雅子(東京工業大学) 榎本珠良(明治大学) 岡田美保(日本国際問題研究所)

[PDF]

同 佐藤行雄前日本国際問題研究所理事長 理事長兼所長(代表理事) 野上義二 専務理事兼事務局長 遠藤 寛 (業務執行理事) 公益財団法人日本国際問題研究所の概要 当研究所が政府と緊密に 問題意識を共有しつつテーマ選定 国がテーマ 選定 88.6% 11.4% 民間

公益財団法人 日本国際問題研究所 opac

中東諸国におけるイスラームと民主主義 : ハマース2006年立法評議会選挙綱領を中心に. 日本国際問題研究所 2006.3. 所蔵館1館

運輸総合研究所は、交通運輸に関する総合的な研究および調査を実施し、交通運輸全般にわたる政策の評価および提言を行い、これにより交通運輸に関する政策の策定に資するとともに、国民生活の質的向上、魅力ある地域社会の創出、産業経済の発展および国際的な共生の推進に貢献すること

「「新たな中ロ軍事協力に備えを」岡田美保(日本国際問題研究所研究員)」についてご紹介いたします。- rips 一般財団法人 平和・安全保障研究所 – 一般財団法人 平和安全保障研究所は、我が国の平和と安全に関する総合的な調査研究機関です。研究に基づいて政策提⾔を⾏い、安全保障に

日本国際フォーラムは、外交・国際問題について研究・討論・交流・提言等の活動をし、内外の世論の啓発に努めることを目的とするシンクタンクです。あるべき新しい秩序の形成を議論する場に興味をお持ちの方、是非ご覧ください。

委員長:戸崎洋史(日本国際問題研究所) 一政祐行(防衛研究所) 向和歌奈(亜細亜大学) 編集委員会: 委員長:阿部達也(青山学院大学) 足立研幾(立命館大学) 池上雅子(東京工業大学) 榎本珠良(明治大学) 岡田美保(日本国際問題研究所)

・ 「中国の対外援助と国際援助社会:伝統的ドナーとアフリカの視点から」、『中国の対外援助』(下村恭民、大橋英夫、日本国際問題研究所編)、第9章、日本経済評論社、2013年1月、199-219頁

昨今、慰安婦問題に加えて、徴用工訴訟問題をきっかけに日韓関係は以前にも増して厳しい状況に置かれているが、ここでは慰安婦問題を、歴史認識の問題として、あるいは価値の問題として考察してみたい

エネルギーと環境、および中東の政治経済に関する総合的シンクタンク。エネルギーと地球温暖化問題、エネルギー需給と価格動向、再生可能エネルギー、中東情勢などに関する各種調査、研究報告、セミナー、シンポジウムなど。

[PDF]

日本国際問題研究所研究員。1972年生まれ。専門は国際安全保障、軍備管理、ロ シアの安全保障。青山学院大学国際政治経済学研究科、防衛大学校 総 合安全保障 研究科 (国際政治学、国際安全保障学 修士

米中貿易摩擦がより深刻化している。トランプ米大統領が中国に対し、追加関税第4弾の発動を表明した一方、中国政府は元安を容認、5日には11年

名 称 一般社団法人中国問題グローバル研究所(略称GRICI=グリーチ) 英文名 Global Research Institute on Chinese Issues 中文名 中国问题全球研究所 所在地 東京都港区南青山五丁目11番9号 設 立 令和元(2019)年6月12日 代表理事 増田義和 目 的

Welcome。東日本国際大学・福島復興創世研究所所長の大西康夫です。 この研究所はこれからの福島、そして日本が直面する問題を真正面から取り組み、日本とまた世界で活躍できる人を作り上げる非常にユニークな研究所です。

学校法人 法政大学のプレスリリース:ilo・大原社会問題研究所 創立100周年記念 第32回国際労働問題シンポジウム 「ilo(国際労働機関)と日本―100年の歴史と仕事の未来」を開催

Dec 18, 2019 · 掲載日 地域 分野 ジャンル タイトル 2019/12/18

防衛研究所では、諸外国の著名な有識者を招いて、公開の場で意見発表及び意見交換を行い、安全保障対話の一助にするとともに、一般の方々の安全保障問題に関する認識の深化に寄与するための国際シンポジウムを毎年開催しています。

133号以降の編者: 『国際問題』編集委員会 注記 総目次1号-465号 (1998年12月) : 「国際問題総目次」 日本国際問題研究所編刊 1999

6027.日本の復活に必要なこと2018.10.07f 新しい観点から日本の未来を見よう 6026.日本の登場・米国の退場2018.09.30f トランプ大統領は会場の人たちから場違いと失笑 6025.米国の国際緊急経済権限法2018.09.24f アメリカを脅せるかというと脅せない

(株)国際経済研究所は、1983年(昭和58年)10月にトヨタ自動車が中心となって、国際化戦略を立てていく上で必要な国際経済情勢の調査・研究や国際交流活動を推進する機関として、設立されました。

国際応用システム分析研究所(IIASA: International Institute for Applied Systems Analysis)は、1972年10月、東西冷戦下において、成熟社会に共通する諸課題を研究するために、東西両陣営の主要国がその政治的立場を離れ、同等の参加を目指した非政府ベースの国際研究所として設立されました。

日本社会保障資料Ⅴ(2001-2016)目次 勝又幸子(国立社会保障・人口問題研究所名誉所員) 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル6f

公益財団法人 日本国際問題研究所 opac

㈶日本総合戦略研究所は、世界の安全保障などについて、坂上芳洋理事長を中心として、内閣閣僚、国会議員、防衛省、関係企業などに提言を行っておりますが、今般、わが日本の同胞ともさまざまな情報を共有すべく、当新サイトを創設することとなりました。

伊藤憲一 – 1980年から1987年までジョージタウン大学戦略国際問題研究所(csis)東京代表。 前原誠司 – 「日経・csisバーチャル・シンクタンク」において、政界唯一の日本側アドバイザーを務めている。 日本国際フォーラム

産経新聞社のニュースサイト。国際問題のニュース一覧ページです。

[PDF]

第6回日本国際問題研究所セミナー報告 日時:2016年12月5日(月)18:00~19:30 会場:こくさいひろば(福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡3F) 【経歴】 日本国際問題研究所所長代行。東京大学法学部第二類卒業後、外務省入省。

グローバル・フォーラムは、国際問題・国際政治・外交問題の研究機関です。1982年の創立以来、米国、中国、韓国、asean諸国、インド、豪州、欧州諸国、黒海地域諸国等の国々、地域と、政策志向の知的交流を毎年3-4回実施しています。新しい秩序の形成を議論する場に興味をお持ちの方

シンポジウム・セミナー等. 2019/05/31 「知りたいことを聞く」シリーズ 「中国の知財・技術戦略-米中対決と日本への影響」(川島真上席研究員、荒井寿光副理事長、津上俊哉日本国際問題研究所客員研

日本経済新聞(2019年10月25日号) の「エコノミスト360°視点」に渡辺理事長が寄稿しました。 国際通貨、国際金融をめぐる諸問題に関して、これまで育んできた専門性と蓄積された知見をもとに優れた調査研究分析を行っていきます。